« 銀の腎不全① 腎不全の発病 | トップページ | 銀の腎不全③ 小康状態 »

銀の腎不全② 腎不全の処方食

1週間後、数値がどうなるかを確認するので来て下さい。途中具合が悪くなったらすぐ来て下さいとの事で帰宅しました。

どうしていいか分からなくて泣いてばっかりいたら銀が心配そうに見てました。

飼い主が悲しんでると犬が悲しむのは銀が犬に噛まれて大けがをした時に分かっていたはず、でもその事をすっかり忘れてました。

私が悲しんでると銀も悲しむのでとりあえず心にしまい込んでいつもの通りに。

処方食まずいと評判だったけどシェルティブルーマール食いしん坊説健在でいつもと違うなあって顔をしながら食べてくれました。

この時はトッピングに馬肉とお野菜をしてたんですが、お肉は腎不全に悪いとの事だったのでトッピングなし、まきこまれた文太もトッピング無しになりました。

そして1週間後、血液検査をしたらクレアチニンは正常値、BUNはちょっと高めの42、処方食がよく効いてるようなのでこのまま持続となりました。

この状態がずっと続けば長生きできるね、このままいけますようにとお祈りしてました。

Imgp75142

この頃はまだいつも通りで特に具合悪いとはまったくわかりませんでした。

ちなみに我が家はロイヤルカナン使用。

|

« 銀の腎不全① 腎不全の発病 | トップページ | 銀の腎不全③ 小康状態 »

銀との思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀の腎不全① 腎不全の発病 | トップページ | 銀の腎不全③ 小康状態 »