« 銀の腎不全③ 小康状態 | トップページ | 銀の腎不全⑤ 皮下点滴 »

銀の腎不全④ 食欲減退期

このままずっといてくれたらと思いましたが、9月の下旬にとうとう来てしまいました。

食欲減退期。

今まで食べてくれた処方食をまったく食べなくなりました。

カリカリが固のかと思ってふやかしてあげても見向きもせず。

フードプロセッサーで粉みじんにしてべたべたにしてもひとくち、ふたくち。

飽きたのかもという事で違うメーカーの処方食を買いあさってあげてみたものの1、2回は食べるもののすぐ飽きてまったく見向きもしませんでした。

食べなければ命をつなぐことが出来ません。

ネットで見た事も大体食欲をなくして体力をなくすか尿毒症がどちらかでという事でした。

本当に食べてくれなかったので正直に言うと最後に好きなもの好きなだけ食べさせてあげたくて久しく行ってなかった馬肉屋さんへ行きました。

半泣きしながら伝えたらまだ多少でも食べるなら希望はある、ちょっと待ってという事で、計算をしてくれました。

犬の一日に必要な最低タンパク質は体重一キロに対して2グラム。

銀の体重は12キロなので一日必要なたんぱく質は24グラム、カロリーは500カロリー。

馬肉大体100グラムでタンパク質24グラム。カロリー150カロリー。

肉だけだとカロリーが足りてないので不足分をタンパク質が含まれていない油脂で補填。

馬肉屋さんだったのでこうね油(馬の脂身)50グラム、約300カロリー。

これでいけば一日の最低タンパク質とカロリーが接種できるので状態を維持できるかもしれないからためしにしてみて下さい。

ただ、一日に必要なカロリーもタンパク質も個人差があるのでそこは飼い主が見極めて下さいとの事。

そしてありがたい事にこれが功をそうしてしばらくはこの食事を食べてくれました。

銀はもう少したんぱくが必要だったみたいで一日肉200グラム、こうね50グラムがちょうどよかったみたいです。

これでまた小康状態を保つことが出来ました。

|

« 銀の腎不全③ 小康状態 | トップページ | 銀の腎不全⑤ 皮下点滴 »

銀との思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀の腎不全③ 小康状態 | トップページ | 銀の腎不全⑤ 皮下点滴 »